コピーをしていたら、トナーのインク切れのメッセージが出て交換したのに、すぐにまた違う色がインク切れと言った経験はありませんか。

1色だけではなくフルカラー印刷だとインクの色はブラックだけではなく、シアンやマゼンタやイエローが加わり4色となります。さらにライトシアンやライトマゼンタがある6色というコピー機もあります。

確かに4色や6色のコピー機は色が綺麗ですが、インク交換も大変です。社内で使う文書などのコピーは、2色でも十分でしょう。

コピー機は単色コピーや古コピーだけではなく、黒+シアンや黒+イエロー、黒+マゼンタという2色でコピーすることも可能です。

黒+マゼンタの2色でコピーすると、カラー部分だけが赤系統の濃淡でコピーされます。

印刷設定で項目別設定を選び、カラーを選びます。そしてメニュー項目の中から印刷品質:標準をクリックし、画像設定の所でユーザー設定をクリックします。

2色の項目から、黒・シアンか黒・マゼンタか黒・イエローのどれか1つを選んでクリックすればOKです。

黒一色だと見にくいというデメリットも、2色印刷でカバーできます。そして、インク代の経費も節約できるので、一石二鳥です。

                      

コピー機がリース可能なサイトを簡単比較>>>TOPへ