コピー機が老朽化などで買い替えを考えるタイミングに差し掛かったら、リースも検討の選択肢に加わります。
リースは買い替えの負担軽減に役立つ方法で、コストを抑えつつコピー機を新しくすることができます。
勿論、買い替え対象のコピー機は新品ですし、最新の製品も選ぶことが可能です。
それから購入だと固定資産扱いになってしまいますが、リースであれば費用で処理できるので、資産計上が避けられます。
資産計上をすると、固定資産税や減価償却費用に頭を抱えることになりますが、単なる費用ならこれらの悩みを抱えずに済みます。
リースの魅力はやはり、導入コストの削減やランニングコストの節約で、購入よりも大幅に買い替えのハードルが下がることにあるといえるでしょう。