リサイクルやリユースなどが注目されつつある現代において、一度、FAX、コピー、資料印刷などで利用した裏の白紙部分を、改めてコピー用紙や印刷用紙として利用するかは大きな課題ともなりそうです。実際に一度FAX、コピー、資料作成などに使用した用紙の白紙部分を、再利用することは神経を使う必要があるのは確かなことであると思われます。たとえば資料作成に使用した用紙などですと、まれにホチキスなどで用紙がまとめられているケースがあるはずです。この場合、ホチキスの存在に気が付かないまま、コピー機の用紙入れにセットしてしまいますと、場合によってはコピー機の破損や故障につながるなどと考えられているようです。このような状況に陥ってしまいますと、リサイクルやリユースとしての観点から大きく離れてしまいますので要注意とも言えるでしょう。