SDGSの活動などから、オフィス内でのコピー機の使用を控えているといったような方もいらっしゃるかもしれませんが、これまでにペーパーレスな社会を目指してきた各産業がたどり着いた現代において、古紙の利用率はかなりのパーセンテージを確保しはじめているようです。

時代のなかで紙は紙をつくり出しているという事実がるあようなのです。

また紙の生産には木材を伐採するといようなイメージが常につきまとうものですが、地球のCO2を吸収する森林を保全を考慮するなかで老木を伐採し若い木々の植林を行うことが、環境の保全につながるとして、時に計画的な木々の伐採が地球の温暖化を打開するといったような活動もあるようなのです。

これは老木のCO2の吸収の低下を指摘することからの活動のようなのです。